トナカイ語研究日誌

歌人山田航のブログです。公式サイトはこちら。https://yamadawataru.jimdo.com/

札幌零景

北海道新聞5/18に「札幌零景」第8回掲載。今回は「北24条のニセ廃虚」。

朝日新聞&BRUTUS

朝日新聞5月15日に「コンビニ50年、現代短歌が映す変遷」を寄稿。 (寄稿)コンビニ50年、現代短歌が映す変遷 非抒情空間が都市生活や労働の場、日常風景へ 山田航:朝日新聞デジタル BRUTUS N0.1008 特集「一行だけで。」に五島諭の短歌を一首紹介。 BRUT…

次世代短歌新作集2024

「次世代短歌新作集2024」に新作短歌「36号線、あるいは八月二十日の戦死者たち」12首を寄せました。現代歌人47人の新作アンソロジーです。 次世代短歌 新作集2024: 次世代短歌集 作者:短歌マガジン Independently published Amazon

角川短歌

角川短歌5月号に「フラッタウン閉市のお知らせ」10首と、連載エッセイ『ぼくは散文が書けない』第34回「『珍走団』浸透しなかったの当たり前だろ」を寄せました。 短歌 2024年5月号 [雑誌] 雑誌『短歌』 角川文化振興財団 Amazon

北海道新聞&短歌研究

北海道新聞4月20日に「札幌零景」掲載です。 某動物園のバイソンの話です。 <札幌零景 消えた風景の幻視譚>山田航 7 バイソンの「体験版」:北海道新聞デジタル 「短歌研究」5・6月号に「失速する弾丸」5首を寄せました。 短歌研究2024年5-6月号 作…

角川短歌&短歌研究&北海道新聞

「角川短歌」4月号に連載エッセイ「ぼくは散文が書けない」掲載。今回のタイトルは「『大は小を兼ねる』って世界の把握が雑だろ」。 「短歌研究」4月号に「なぜ『歌人さん』という芸名なのか 枡野浩一の現在地」を寄稿。 3月16日の北海道新聞に「札幌零景」…

千歳で短歌講座やります

道新文化センター千歳で4月から短歌講座やります。 毎月2・4日曜の14:00-15:30です。イオン千歳店内に入居しています。 doshin-cc.com 北海道新聞「札幌零景」第6回が掲載です。 www.hokkaido-np.co.jp

札幌零景

北海道新聞2/17に「札幌零景」掲載。テーマは「ニセ時計台と空き地」。

北海道新聞「札幌零景」

北海道新聞の連載「札幌モノローグ紀行」は10月より「札幌零景」にリニューアル。 ネット版にも掲載されます。 第1回は「手稲山口から海までの不思議な道」、第2回は「真駒内の奇妙な夜」です。 <札幌零景 消えた風景の幻視譚>1 手稲山口から海までの不思…

小樽で短歌講座をします

8月9日に小樽文学館で短歌講座をします。 教員向けの短歌の教え方講座ですが、一般受講者も受け入れています。 2023/8/9 14時~15時半 参加費:無料 会場:市立小樽文学館1階研修室 電話:市立小樽文学館(0134-32-2388) 詳細は市立小樽文学館まで。 otarub…

室蘭で短歌講座します

8月28日に室蘭で短歌講座をやります。 室蘭市民文化センター「きらん」にて、18時半から20時まで。 室蘭の皆さん、どうぞお待ちしております! doshin-cc.com

短歌研究5・6月合併号

短歌研究5・6月合併号に「DeathとMass」7首を寄稿しました。 北海道新聞の連載「モノローグ紀行」の4/21は藻岩山麓の山元川。

短歌研究4月号&モノローグ紀行

北海道新聞のモノローグ紀行3月10日は新川の西牧場2号通。 朝日新聞3/19に短歌時評掲載。今回で最終回となります。 「癒し」「肯定」からの逃走 山田航「短歌時評」最終回:朝日新聞デジタル 「短歌研究」4月号に「それぞれの駐車場の記憶に」30首と「現代短…

モノローグ紀行&ぼくは散文が書けない&ねむらない樹

北海道新聞のモノローグ紀行2月24日はフレッティ琴似店。 「角川短歌」3月号の連載「ぼくは散文が書けない」は「オチのない話、ただの嘘だろ」。 「ねむらない樹」第10号に論考「ゼロ年代文化の中の笹井宏之」掲載。 短歌 2023年3月号 [雑誌] 雑誌『短…

短歌研究3月号

「短歌研究」3月号に「96年生まれの二人の歌人 平出奔と初谷むい」を寄稿しました。 短歌研究 2023年 3月号 短歌研究社 Amazon

朝日新聞短歌時評&北海道新聞書評

朝日新聞2月19日に短歌時評を寄せました。 北海道新聞2月19日付には田辺青蛙『北海道怪談』の書評を寄せました。 北海道怪談 (竹書房怪談文庫) 作者:田辺青蛙 竹書房 Amazon 短歌の定型を漫才のセンターマイクに例えた理由 山田航「短歌時評」:朝日新聞デジ…

モノローグ紀行&読売新聞

北海道新聞2月10日分の「モノローグ紀行」は上野幌の牛の銅像についてです。 読売新聞2月10日分に「工場街のスケートリンク」5首を寄せました。「銀」のお題で作った5首で、黒田杏子さんの5句とご一緒させていただきました。

モノローグ紀行&井泉&短歌研究&朝日新聞時評&現代短歌&文芸選評

北海道新聞のモノローグ紀行、1/13夕刊は小樽の手宮タヌキ小路。 「井泉」105号のリレー小論にて平出奔『了解』について書きました。 「短歌研究」2月号から始まる特集「現代短歌2.0」に評論「二〇三〇年の短歌のために」を寄せました。 朝日新聞1/22に短歌…

モノローグ紀行&角川短歌&潮

北海道新聞モノローグ紀行、12月23日は西屯田通の裏通り。 角川短歌1月号に連載「ぼくは散文が書けない」第18回「ミュージカルに文句つけるなら殺陣にも言えよ」掲載。 「潮」2月号にエッセイ「東京タワーって全く魅力ないだろ」掲載。 短歌 2023年1月…

モノローグ紀行

北海道新聞の「モノローグ紀行」、12月9日付夕刊は「東裏本通」です。

現代思想

「現代思想」12月号に「現代短歌にとってロスト・ジェネレーションとは何か」を寄せました。 現代思想 2022年12月号 特集=就職氷河期世代/ロスジェネの現在 作者:雨宮処凛,生田武志,杉田俊介,赤木智弘,小林エリコ,山田航,栗田隆子,貴戸理恵 現代思想 Amazon

短歌往来11月号

「短歌往来」11月号に「ベガスベガスの清原」13首を寄せました。

朝日新聞「論の芽」

朝日新聞10月4日の「論の芽」にLINE文末の句点についてのインタビュー記事が載りました。 www.asahi.com

「寂しさでしか殺せない最強のうさぎ」関連イベント

8月19日から9月30日まで、刊行記念フェア「コーヒーと私と短歌」が開催されます。 2022/8/19(金)-9/30(金)カフェ&ブックス ビブリオテーク5店舗にて開催東京・有楽町/東京・自由が丘/大阪・梅田/福岡・天神/熊本・鶴屋※熊本店のみ9/1(木)スタートとなり…

第3歌集『寂しさでしか殺せない最強のうさぎ』刊行

第3歌集『寂しさでしか殺せない最強のうさぎ』が書肆侃侃房から刊行となります。帯文は江國香織さん、装幀はクラフト・エヴィング商會です。 猫の頭蓋骨は小さい 手に収まるくらいの量の春つかまえる手渡しは危ないからさテーブルに置くよ紅茶もこの感情もひ…

朝日短歌時評&モノローグ紀行

朝日新聞6/19の短歌時評です。 北海道新聞6/24のモノローグ紀行は函館の谷地頭温泉の道祖神です。 www.asahi.com

モノローグ紀行&抒情文芸

北海道新聞6月3日付夕刊にモノローグ紀行掲載。今回は江別の大川通。 「抒情文芸」夏号に「ゴッサム・シティ・ポップ」10首を寄稿しました。

短歌研究

短歌研究6月号の作品連載第4回「それぞれのAM5:50に」30首を寄せました。 にぎやかにタイムラインのひとびとは早起きや夜ふかしや在米 短歌研究 2022年 06 月号 短歌研究社 Amazon

Edge&朝日新聞時評&モノローグ紀行

ドキュメンタリー番組「Edge」山田航編が放送されました。スカパー!529chベターライフチャンネルです。スカパー!オンデマンドにて1週間無料視聴できます。 Edge – ART DOCUMENTARY 朝日新聞5月15日号に短歌時評掲載です。今回は「分断と他者」。スキンヘッ…

短歌研究

短歌研究5月号の三〇〇人歌人作品集に「一生笑う」7首を寄せました。 短歌研究2022年05月号 短歌研究社 Amazon