トナカイ語研究日誌

歌人山田航のブログです。公式サイトはこちら。https://yamadawataru.jimdo.com/

モノローグ紀行

北海道新聞の連載モノローグ紀行、今回は手稲区富丘のサンタロペツ通行屋跡。

朝日新聞「ひもとく」

1月23日付朝日新聞読書面の「ひもとく」に、「小説嫌いの好きな小説」という掟破りなブックガイドを寄せました。ニコルソン・ベイカー『中二階』、高橋源一郎『さようなら、ギャングたち』、長嶋有『泣かない女はいない』の3冊を紹介しています。 中二階 (白…

文庫この新刊&短歌往来&現代短歌

朝日新聞の「文庫この新刊!」がWEBに載りました。 book.asahi.com 「短歌往来」2月号に川野芽生『Lilith』の書評を寄せました。 Lilith 作者:川野芽生 発売日: 2020/09/26 メディア: 単行本 「現代短歌」3月号に谷岡亜紀『ひどいどしゃぶり』の書評を寄せま…

モノローグ紀行&文庫この新刊!

1月15日の北海道新聞にモノローグ紀行掲載。今回はかつてサッポロファクトリーにあった天体工場の名残りです。 1月16日の朝日新聞に「文庫この新刊」掲載です。今回取り上げたのは文月悠光『適切な世界の適切ならざる私』(ちくま文庫)、酒井順子『バブル・…

野性歌壇1月お題

野性歌壇の1月のお題は「スマホアプリ」です。 1月31日〆切り。たくさんの応募を待っております。 post.kadokawa.jp

モノローグ紀行&芸人歌会

北海道新聞12月25日掲載の「モノローグ紀行」、今回は豊平区・アンパン道路の旧道。 明日12月27日19時より芸人歌会特別版「芸人歌会特別版〜芸人VS歌人 短歌合戦!」を配信します。吉本興業札幌事務所のYouTubeチャンネル「さつよしTV」を登録してチェックし…

BRUTUS

BRUTUSの企画「過去と現在を短歌で結びつける。」に参加させていただきました。東直子さん、山階基さんと一緒です。 brutus.jp

モノローグ紀行&野性歌壇&角川短歌年鑑

北海道新聞12月11日号夕刊にモノローグ紀行掲載。今回は「どんぐり」発祥の地としても知られる美園市場の跡地。 小説野性時代1月号発売です。表紙は菊池風磨。「野性歌壇」はお題「家電製品」の発表号です。そして今月のお題は「月」。12月31日〆切りです。 …

文庫この新刊

朝日新聞「文庫この新刊!」がウェブ上に載りました。 book.asahi.com

野性歌壇お題発表

12月の野性歌壇、お題は「月」です。moonでもmonthでも大丈夫です。 〆切りは12月31日。たくさんの応募をお待ちしております。 post.kadokawa.jp 明日12月4日は19時から芸人歌会です。特別ゲストに俵万智さんをお迎えします。 「さつよしTV」チャンネルをご…

モノローグ紀行&「文庫この新刊!」

北海道新聞のモノローグ紀行、11月27日付夕刊に掲載。今回は南区の丸重吾橋。 朝日新聞11月28日付朝刊に「文庫この新刊!」掲載。今回取り上げたのは、穂村弘『短歌ください 明日でイエスは2010才篇』(角川文庫)、大岡信『詩人・菅原道真 うつしの美学…

芸人歌会&公明新聞

12月4日(金)19時から第8回芸人歌会が生配信されます。今回も講師役で出演です。そして今回は特別ゲストとして俵万智さんをお招きします。配信は「さつよしTV」のYouTubeチャンネルにて。 www.youtube.com 「公明新聞」11月16日付に小池昌代『かきがら』(…

野性時代&モノローグ紀行

野性時代12月号発売です。野性歌壇「実在するバンドの名前」発表号です。そして11月のお題は「色」です。たくさんお待ちしております。 北海道新聞11月13日付夕刊にモノローグ紀行掲載。今回は消えた地名・山元町。 小説 野性時代 第205号 2020年12月号 (KAD…

日記っぽい何か

えらく懐かしい歌詞とメロディが世間を席巻している。ホフディランのデビュー曲「スマイル」だ。オロナミンCのCMで森七菜という若手女優が歌って話題になった。1996年にリリースされたこの曲が、突如2020年にCMに使われて、リバイバルヒットしているのだ。 …

野性歌壇お題発表&ビッグイシュー

「小説野性時代」の野性歌壇、11月のお題は「色」です。 〆切は11月30日です。 post.kadokawa.jp ビッグイシューニッポンの社長394号の特集「いよいよ、短歌」に寄稿しました。自身の短歌との出会いの話や、1980年代以降の生まれの歌人5人の紹介をしたりして…

朝日新聞「文庫この新刊」がウェブに載りました。 book.asahi.com 北海道新聞「モノローグ紀行」10月30日付夕刊は江別市元江別の古墳群。 「びーぐる」49に短歌時評を寄せました。阿波野巧也『ビギナーズ・ラック』、相原かろ『浜竹』、公木正「ナイト・クル…

朝日新聞「文庫この新刊!」

10月24日付朝日新聞読書欄に「文庫この新刊!」掲載です。今回は小池光『うたの動物記』(朝日文庫)、松本敏治『自閉症は津軽弁を話さない 自閉スペクトラム症のことばの謎を読み解く』(角川ソフィア文庫)、堀越正雄『江戸・東京水道史』(講談社学術文庫…

モノローグ紀行

北海道新聞10月16日付夕刊にモノローグ紀行掲載です。今回は引き揚げ者の戦後開拓地・江別市美原地区。

現代短歌新聞

「現代短歌新聞」10月号に、谷岡亜紀『ひどいどしゃぶり』の書評を寄せました。 ひどいどしゃぶり 作者:谷岡亜紀 発売日: 2020/08/01 メディア: 単行本

モノローグ紀行

北海道新聞10月2日付夕刊のモノローグ紀行は、北区の茨戸油田跡地です。

野性歌壇お題発表

野性歌壇、10月のお題は「髪型」です。たくさんの応募をお待ちしております。 〆切は10月31日です。 post.kadokawa.jp

ゴゴラジ出演

FMノースウェーブの「ゴゴラジ」に出演しました。radikoにて後追い聴取も可能です。番組パーソナリティーのハイジさんも参加して下さる第6回芸人歌会は今週金曜日、10月2日です。開始時間が予定の19時から、21時45分に変更になりました。 radiko(ラジコ) | …

朝日新聞&短歌研究

朝日新聞9月19日付朝刊の読書欄に「文庫この新刊」掲載です。今回取り上げたのは柳父章『日本語をどう書くか』(角川ソフィア文庫)、寺山修司『ぼくが戦争に行くとき 反時代的な即興論文』(中公文庫)、一青妙『私の箱子(シャンズ)』(ちくま文庫)の3冊…

第6回芸人歌会&モノローグ紀行

10月2日19時に第6回「芸人歌会」開催です。今回も選者役いたします。今回から新ゲストとして、劇団マイペースの八十嶋悠介さんと、FMノースウェーブのラジオパーソナリティのハイジさんが参加してくれます。「さつよしTV」の登録をお願いします。 さつよしTV…

野性時代10月号発売

小説野性時代10月号が発売になりました。野性歌壇は「2つで1セットのもの」発表号です。表紙は二宮和也。そして9月の野性歌壇のお題は「電化製品」です。〆切は9月30日です。 post.kadokawa.jp 小説 野性時代 第203号 2020年10月号 (KADOKAWA文芸MOOK …

モノローグ紀行

北海道新聞9/4付夕刊のモノローグ紀行、今回は中央区の知られざる山、神社山です。

野性歌壇9月お題発表

野性歌壇9月のお題発表です。今月は「電化製品」。〆切は9月30日です。 post.kadokawa.jp 9月11日19:00より第5回「芸人歌会」を開きます。また辻井竜一さんとともに選者役を担当させていただきます。今回は「深夜」というお題です。You Tubeチャンネル「さ…

モノローグ紀行

8月21日付北海道新聞夕刊にモノローグ紀行掲載。 今回は国鉄札幌市場駅跡地です。

第4回芸人歌会

札幌吉本のYouTubeチャンネル「さつよしTV」の企画「芸人歌会」、第4回でも判者をさせていただきました。アーカイブも残っております! https://www.youtube.com/watch?v=zvDGfxGMAb0

文庫この新刊&モノローグ紀行

朝日新聞の「文庫この新刊」、8月8日朝刊の読書面に掲載です。今回とりあげたのは、北村薫 「詩歌の待ち伏せ」(ちくま文庫)、中地義和 編「対訳ランボー詩集」(岩波文庫)、若竹千佐子 「おらおらでひとりいぐも」(河出文庫)の3冊です。 www.asahi.com …