トナカイ語研究日誌

歌人山田航のブログです。公式サイトはこちら。https://yamadawataru.jimdo.com/

朝日新聞短歌時評&短歌研究年鑑

11月21日付の朝日新聞に短歌時評を寄せました。蝦名泰洋と野樹かずみの両吟歌集『クアドラプルプレイ』について取り上げています。

www.asahi.com

短歌研究12月号「短歌研究年鑑」に「短歌2021書き留めておきたいこと」を寄せました。

 

 

朝日新聞短歌時評&角川短歌

10月24日付の朝日新聞の朝日歌壇に、短歌時評を寄せました。今回は「現代短歌」の1990年代生まれ歌人特集から、石井大成と郡司和斗の歌を引いています。

「角川短歌」11月号に「ぼくは散文が書けない」第4回掲載です。角川短歌賞発表号です。

 

 

1回戦-1グランプリ

M-1グランプリ2021年の「1回戦TOP3」動画だけを見て10組選んでみます。1回戦の面白いところは、決勝の情勢を占うものには全くならないところ。技術だけで流して軽く通る有名コンビと、ここでTOP3に入ってネタがYouTubeにあがるだけでも全然変わってくる無名コンビが混在しています。洗練されてゆく上位予選よりも、ほどよくアングラ感があって1回戦ならではの雑多な魅力のある10組です。

1位 牛ペペ(8/11大阪 1位)

テンポとタイミングが完璧。驚きながら復唱するだけで笑いをとれるツッコミの実力が凄まじいです。

www.youtube.com

2位 鬼越トマホーク(9/29東京 1位)

掛け合いが気持ちのいい喧嘩漫才。台本を感じさせません。

www.youtube.com

3位 もも(8/27大阪 1位)

「○○顔」大喜利だけでよくこんなにたくさん考えつくなあ。関西弁のテンポのよさがうらやましく感じられる漫才です。

www.youtube.com

4位 アンコウズ(9/10東京 1位)

中盤からなぜか突然リズムネタになっていく展開が楽しいです。

www.youtube.com

5位 納言(9/9東京 1位)

地域いじりですでに人気のコンビですが、毒舌の対象の幅が拡がって進化しています。

www.youtube.com

6位 ぺんとはうす(8/10東京 1位)

不動産の相談を題材にした一問一答型の漫才。ボケの一つ一つに破壊力があっていいです。

www.youtube.com

7位 赤もみじ(8/2東京 1位)

ほぼ1個のボケで2分間走り切っています。地肩があるコンビの1回戦の戦い方ですね。

www.youtube.com

8位 ブルーリバー(10/3福岡 1位)

福岡のコンビ。ちょっと古臭さを感じてしまうスタンダードなコント漫才ですが、博多弁の漫才を完成させていて素晴らしい安定感です。

www.youtube.com

9位 モンスターエンジン(9/25大阪 1位)

決勝進出経験のあるコンビだけにほぼ流している漫才ですが、挨拶ネタとして完璧ではないかと。ツッコミの異常なまでに説明的なフォローが一周回って楽しくなってきます。

www.youtube.com

敗者復活 ダウ90000(9/30東京 2位)

これまで1位通過の組から選んできましたが、敗者復活枠としてあえて1位通過以外から選ぶとしたら、この組。男性1人女性4人という珍しい構成を完璧に活かしています。新しい漫才の可能性を感じさせます。

www.youtube.com

北海道新聞&角川短歌

北海道新聞10月1日付夕刊にモノローグ紀行掲載。今回は消えた琴似八軒川。

角川短歌10月号に連載「ぼくは散文が書けない」第3回掲載。